おはようございます、FCSの川田です。

速いものでもう年末です。秋冬の連続ドラマも続々と最終回を迎え、年末年始の特番シーズン突入です。

自宅にテレビがない若者が増えてきている昨今らしいのですが、私は昭和生まれのテレビっ子なので、連続ドラマやニュースにドキュメンタリー、バラエティ番組にスポーツ中継など、テレビライフをそれなりに楽しんでおります。

ちなみに今季は某ドラマから流行中の「恋ダンス」の練習にいそしみました。(披露する予定はございませんが)

ドラマ最終回はどのようになるのか。今からドキドキしております。

 

そんな流行に絶賛波乗り中の私がお送りする今週のメルマガは、“「今」の密度について”です。

 

・・・

 

フィギュアスケートの男子シングルは、ショートプログラムの2分40秒間とフリープログラムの4分30秒間でできています。

10分間に満たないこの時間を、全力で演技するために、選手は24時間7日間をフル活用して準備をしているのだそうです。

 

選手生命は意外と短く、20代前半で引退する方が大半という世界。

 

「いつまでできるかわからない」

 

アスリートの方々の1分1秒の重さは、その危機感のようなものからきているのではないか、と、フィギュアスケートをはじめ、スポーツの試合を観るたびに思います。

 

 

ビジネスはいわば人生をかけた長距離走なので、そこを舞台にしている私たちの時間の感覚がアスリートとは全く違うのは仕方がないことです。

ですが、彼等を見ていると、「自分は今できることをちゃんと真摯に全力でしているのか」と自問自答することがあります。

 

「今」は1秒後には過去になり、10年後には歴史になる。

 

未来から逆算して、今やらなければならないことは何か?

それにちゃんと取り組めているのか?

考えるだけ、言葉にするだけでは価値がないから、ちゃんと行動に移すことができているのか?

 

私はまだ、すべてに自信を持って「YES」とは言えません。

 

 

ビジネスは長距離走、でもそのペースは、10年前と今日とでは違っていたりするのではないでしょうか。

 

不確実さがどんどん増していき、「今やっていることが10年後もそのままの価値を保ったまま存在する」確率は低くなっているようです。

 

「今」は明日には結果となって現れ、明日の「今」は明後日の「今」をすぐに変えてしまう。

 

ビジネスの世界も、スピードが速くなり、アスリートの世界の時間軸に近づいているような気が、私はしています。

 

 

未来をよくするのも、ダメにするのも、今をどうするかにかかっています。

 

「今」の密度をどう上げていくのか。

取り急ぎ、今年中にできることはきっちりと行動して、新年を迎えたいなぁと思う今日この頃です。

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
川田 有香(かわた ゆか)
この記事を書いた人

川田 有香(かわた ゆか)

20代に姉歯事件やリーマンショックに鍛えられた
”ロスジェネ世代”の後厄女子。
趣味は舞台鑑賞。

関連記事一覧