生産管理システムを超える 製造業向けソリューション「J WALD」

J WALDロゴ

様々なものとつながる、様々な情報をつなげる

J WALDは、従来の生産管理システムと全く異なる思想のもとつくられました。
「様々なものとつながる、様々な情報をつなげる」
製造業向けソリューションです。

J WALDで
できるようになること

1

“物と情報の一致”
迅速かつ正確な
意思決定

現場の物の状態とシステム上の情報が一致し、生産の優先順位や、仕入のタイミング、納期回答等の判断を、早く、正確に行えるようになります。

2

“儲かっている品目”から
“実は赤字の品目”まで
正確に把握

材料等の直接費の計算はもちろん、管理部の間接労務費や、土地・電気代等も柔軟に各品目に配賦できます。
正しい原価を知ることで、赤字にならない価格設定や投資すべき事業がわかります。

3

徹底した品質管理、
使用期限管理、
ロットトレース

納品した製品のシリアルナンバーから、その製品および原材料の試験結果のトレース、その原材料を使った別の製品や納品先のトレースが可能です。
納品先の信頼獲得につながります。

J WALDの特長

J WALDは、生産管理、原価管理、販売購買管理機能を有しています。

ひとつのシステム環境上で(製造物が異なる工場ごとにカスタマイズを加えなくても)、多種多様な製品、ライン、工場、グループ会社の情報を一元管理できます。

組立系生産、およびプロセス系生産と呼ばれる、素材・食品・石油・化学製品・電線・薬品など(原料の混合・攪拌・分離・圧延・溶解・凝固等の加工をして製品を生産する生産形態)の生産においても、正確な出来高計算、在庫量把握、納期回答、収益計算ができるよう、J WALDには柔軟な仕組み・機能を搭載しています。受注生産と見込生産が混在する工場にも対応できます。

J WALDのコンセプト

多拠点・多品種の生産情報が
つながる

プロセス系、組立系、どちらの生産形態にも対応。
ひとつの環境上であらゆる拠点、様々な工程の生産状況等を管理することができます。
受注生産と見込生産が混在する工場にも対応できます。

多拠点・多品種の生産情報がつながる

設備(PLC)・センサーと
つながる

設備(PLC)やセンサーと連携し、実績入力、報告業務を自動化・精緻化することが可能です。

設備(PLC)・センサーとつながる

ERP・会計システムと
つながる

売上情報をERP(会計システム)と連携。仕訳情報から製造時の情報を遡って確認することが可能です。

ERP・会計システムとつながる

生産管理機能

工場

単位変換/複数単位管理

品目の単位変換や、一品目につき複数の単位を持つことが可能です。
製造過程の品目も、工程が進むごとに単位変換できるので、現場のモノの数え方とシステム上のモノの単位を統一することができます。

内容量管理

今までの一般的なシステムでは、合算値での在庫容量管理のため、容器ごとの内容量を把握することが困難でした。
J WALDでは品目を分けずに、容器に入っている内容物の容量毎に在庫を分けて管理することが可能です。

容器の内容物の容量毎に在庫を管理
容器の内容物の容量毎に在庫を管理

ロット管理・シリアル管理

ロット管理・シリアル管理を行うことが可能です。
不良品が出たロットと同様の方法、もしくは同じ時期に生産された製品を特定し、早急な対応を行うことができます。

シリアルナンバーからのロットトレース
シリアルナンバーからのロットトレース

トレーサビリティ

フォワードトレース・バックワードトレースの両方が可能です。高度なリスクマネジメントを実現できます。

フォワードトレース・バックワードトレース
フォワードトレース・バックワードトレース

副産物・連産品管理・再投入

主製品を作る際に付属的に発生する副産物や、同一行程において生産される連産品をシステム内で一元管理できます。
製造量・在庫所要量について、再投入分をふまえて計算すること可能です。

副産物・連産品・再投入をふまえた実績入力・原価計算
副産物・連産品・再投入をふまえた実績入力・原価計算

有効期限管理

ロット管理在庫の有効期限および使用期限の管理が可能です。

有効期限・使用期限
使用期間:使用期限切れの在庫は使用不可です。廃棄処理で在庫を消滅させます。
有効期間:有効期限切れの在庫は試験を行い、結果により有効期限を延長することが可能です。

原価管理機能

電卓

原価セグメント

原価を計算する単位を自由に設定できます。
原価単位の組み合わせが自由で、さまざまな視点から原価を見ることが可能です。

 

自由に設定できる原価計算単位
自由に設定できる原価計算単位

非累加原価計算

原価要素は工程ごとに管理されます。非累加原価計算と累加原価計算のどちらかを選択することが可能です。
最終製品が完成した際、どの工程でどの原価要素が発生したのか把握できます。

非累加原価計算
非累加原価計算

ABC(Activity Based Costing)による配賦

間接費を活動ごとに分解するので、活動別の経費を把握できます。

ABCによる配賦
ABCによる配賦

工程仕掛に対応

製造途中の仕掛の原価計算が可能です。

仕掛品の原価計算
仕掛品の原価計算

販売購買管理機能

伝票

カンバン方式の納入指示に対応

納入指示に対する出荷から受注・売上を計上することが可能です。

カンバン方式の納入指示
カンバン方式の納入指示

一物多価設定

同じ品目でも、条件に合わせて異なる単価設定が可能です。

一物多価設定
一物多価設定

試作品管理

品目がマスタに登録されていなくても、受注~売上までの管理が可能です。
システム多重管理による情報の漏れを防ぎます。

取引のリスク管理

受注~売上までリアルタイムで与信限度額を更新し、不良債権の防止を支援します。

内示受注・発注に対応

内示情報をシステム上で管理し、内示受注の情報を生産計画につなぐことができます。
システム上で管理を行うことで情報の漏れを防ぎます。

見積原価

個別受注など設計が必要な生産の場合、受注の仕様から見積原価を算出して売価を試算することができます。
営業が原価を把握できるため、利益を考慮した見積を提示できます。

クラウド環境、
オンプレミス環境で動作

J WALDはWebシステムのため、オンプレミス環境のほか、アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure等のクラウド環境でも動作します。

無料ホワイトペーパー

プロセス系生産特有の
課題を解決する方法

J WALDは、プロセス系生産ラインの複雑な生産管理において、「単位変換」「再投入」「副産物管理」など様々な課題に対応。生産工程の見える化をサポートします。
生産ラインの工程管理にお悩みのお客様は、是非ご一読ください。

プロセス系生産特有の課題を解決する方法

現場改善コンサルティング
(提携サービス)

システム導入前の製造現場の「地ならし」は、パナソニックの現場改善コンサルティングで!

業種・業務に精通したコンサルタントが『工場1日診断』で、現場の「強み」や「改善ポイント」を見える化。
現場の課題や問題点に対して最適な解決策を導き出し、ご提案をすることにより、貴社の成長をご支援いたします。

システム導入前の製造現場の「地ならし」は、パナソニックの現場改善コンサルティングで!

「J WALD」製品名の由来はこちら

※IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」において「生産管理システム」部門に掲載されました

お問い合わせ・資料請求

製品・サービスの詳しいご説明、資料請求など、
お気軽にお問い合わせください。