コロナ禍で深刻化!?監査業務の三大面倒とは?

経験談・小話, 製造業

工場監査を支援するクラウドアプリケーション
UMリモート監査

 

UMリモート監査は、工場監査を支援するクラウドアプリケーションです。

新型コロナウイルス感染症の影響で、外出や工場への立ち入りが制限され、「訪問監査が当たり前にできない時代」となりました。
そのため、今、ITを活用して直接工場を訪問せずに監査をする「リモート監査」が注目を受けています
そもそもコロナ禍以前から、従来の監査業務には大きな手間、面倒がありました。

今回は、UMリモート監査を取り入れると、どのように監査業務をカイゼンできるかお伝えしたいと思います。

 

監査業務の三大面倒

従来の監査業務には、特に大きな3つの手間、いわば「三大面倒」があります。
UMリモート監査なら、この三大面倒を解消することができます。

①報告書を作る手間

まず1つ目は、報告書を作る手間です。

従来の工場監査では、、監査担当者は工場内に立ち入り、内部を監査した記録を、紙への手書きと、デジカメやスマホによる写真で残します。その後監査担当者はオフィスに戻り、現地での記録を元に、エクセルによる報告書を作成します。このとき、1度紙に記録したものをエクセルに転記したり、撮影した写真をパソコンに取り込んで報告書へ添付したりと、手間がとてもかかってしまいます。

UMリモート監査では、監査担当者が画面越しに監査を行いながら、直接システムへコメントを記載しておけば、それを報告書の形式で出力することができますので、転記作業は不要です。また、その場で工場担当者が撮った動画や写真を、システム上の監査情報に直接紐づけておけますので、後から取り込む作業もいりません。報告書作成にかけていた時間を大幅に削減できます。

②カイゼンをチェックする手間

 2つ目は、カイゼン点の指摘とカイゼン状況のチェックにかかる手間です。

監査は、現状を見て報告書ができたら終了ではありません。監査を通じてカイゼンすべき点が見つかったのであれば、関係者と連絡を取り、その後のカイゼン状況をチェックします。監査担当者が1人1つの現場しか受け持たないなら簡単ですが、実際には1人で複数を受け持つことがほとんどです。どこの監査がどれだけ進んでいて、どんな指摘をしているのか、把握するだけで手間がかかります。個別の現場に伝えた指摘には、それぞれバラバラのメールで改善状況が報告されてきますので、監査情報と紐づけてまとめるために、これまた手間がかかってしまいます。

UMリモート監査では、システム上で、監査情報に紐づけて現場担当者とメッセージやファイルをやり取りすることが可能です。メールでもらった資料を、わざわざ新たに監査情報に紐づける必要はありません。またフェーズ管理ができますので、複数の監査を担当していても、改善要望を出しているところはどこか一目瞭然になります。改善フェーズにとどまっている監査先を絞り込めば、忘れずコンタクトを取ることができます。

③情報を活用する手間

3つ目の手間は、実施した監査の記録を活かそうとしたときに起こります。

従来、監査記録は、紙かPDFで保管するのが一般的です。この記録は、②のように現場の指導に使ったり、次回監査の参考にしたり、監査担当業務の引継ぎに使ったりと、様々な使い方が考えられる情報なのですが、PDFや紙で保管していると、前回の記録を出すためには大量のでデータが入ったファイルの中から探さなければならず、活用が難しくなってしまいます。

UMリモート監査ではシステム上にデータがたまっていますので、日付やキーワードで簡単に検索ができます。また、例えば複数の拠点・子会社の監査をしている親会社であれば、拠点間のデータを比較して分析に活用することもできます。

いかがでしたでしょうか。このように、UMリモート監査は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立つだけでなく、従来の工場監査の面倒事も解消できるアプリケーションです。

トライアル利用も受け付けておりますので、気になった方は、ぜひお問い合わせください。

UMリモート監査 製品資料ダウンロード

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

さいかさん

シナプスイノベーション勤務5年目のさいかさん。
当社の持つソリューションを使う、お客様の目線に立って
ブログを書いていきます。

関連記事一覧