当たり前じゃない、1年がやってきた

まふゆのシナプス観察日記, 経験談・小話

年が明けて、服を捨てることにした。

クローゼットを買ったのは10年前。
10年かけて、服があふれた。
同じ年買ったカラーボックスが、いまや半分侵されている。
ほんとは常備薬とか洗面用品とか化粧品とかアクセサリーとかが、入る予定だったのに。

服という服ぜんぶ引っぱりだして、ベッドの上に並べた。
最後に着たときの記憶もないのが多すぎる。

しわくちゃのブラウス、何と合わせるんだかわからないTシャツ。
ウエストがきつすぎるパンツ、10年前同い年の女子がみんなして穿いていたスカート。

ごみ袋につっこむ。

ハタチのころ、服をたくさん持ち、さまざま着回しできるのが、よい女性の条件のひとつなんだと思っていた。
季節が移るたびなんとか自分を奮い立たせて買い物に行き、疲れた。

自分を奮い立たせるのにたいへん時間がかかり、夏物は夏の終わり、冬物は冬の終わりに買った。季節はずれの服は収納の奥に押しこまれた。

2020年は、外に出られない年だった。

月に1、2度、オフィスで働く日は、できるだけわくわくする服を着ることにした。
3回目あたり、いつも同じストライプのワンピースを着ていることに気づいた。

週に1、2度、スーパーに行くときは、いちばん肌ざわりがいいシャツを着た。
3ヶ月に1度、髪を切りに行くときは、いちばんシルエットがかわいいスカートを穿いた。

生活のための最小限の外出でも、すきな服を着たらそれなりだとわかった。
すきな服なんて、わたしにはそう何着もないこともわかった。

いつものワンピースは、クローゼットのいちばんいいところへ。
布の山は、感謝をこめてごみ袋へ。

11月、12月、表はどんどん寒くなり、事態はずぶずぶ深刻さを増した。
友だちと顔をあわせる話は出なくて、ちょっとだけネット通話して、家で過ごした。
予定がないものだから掃除が進んだ。排水溝。換気扇。
勢いのまま服を捨てることにした。

母の編んだ、高校のときのマフラーは、「思い出」入れの箱へ。
それなりの場でなきゃ着ようがないレースのドレスは、カバーをしてクローゼットへ。

いらないものは捨てていくけれど、着ない服がいらないものとは限らない。
ムダをけずれと求められるいま、何がムダかは自分で決めたい。
ぜい肉だと思ったものが、実は心臓だったりもするから。

思いがけない1年だった、でもわたしには次の1年がきた。

親から買い与えられた服を着ていたころ、思いがけないことなんて、わたしの人生には起きないと思っていた。
普通の生活が普通に続いて、普通に終わるんだと思っていた。

でも今は、普通なんてあっという間に変わることを知っている。
思いがけないことが、あっという間にあたりまえになることも知っている。

今日は何人、今日は何人。膨らんでいく数字はぜんぶ、どこかでいま暮らしている人。
明日はわたしも、どうしているかわからない。
わからないけど今日料理する、掃除する、仕事する。学んで、考えて、生活を作っていく。

いらない服を袋に詰めた。40リットル入り3つ。
いる服をクローゼットに収めた。寝室に1つ。

あすの朝ごみを出しにいく。徒歩1分をマスクして。

・・・

予定がない分、年末は料理もはかどりました。
お正月料理は、負担になるほど作らない、らしさにこだわりすぎない、バランスをおろそかにしない、をモットーに楽しみました。

わたしが生活する町もじき、2度目の緊急事態宣言の対象区域へ追加になるようです。
祖母が住む町は、ひさしぶりの大雪に見舞われました。
明日もしっかりと暮らしていきたいと思います。

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧