持続していくために、変化する

経営 事上磨練, 経営・マネジメント

みなさま、あけましておめでとうございます。
シナプスイノベーション代表取締役の藤本です。

短期的利益の時代から、長期的共生の時代へ

2020年ほど、年が明けたときと、年が暮れるときとのギャップが大きい年はなかったのではないかと思います。

2月ごろ、ダイアモンドプリンセス号における新型コロナウイルス感染の問題が報道され始めました。
このころは、後に大規模感染が見られる欧米ではまだ感染者は目立たず、東アジアでの感染例がよく報道されていました。日本も感染者が多い地域のひとつだとする論調をしばしば耳にしたように記憶しています。

しかしながら一方で、この騒動を、船の上、海の外で起こっている厄難、他人事として捉えていた方も珍しくはなかったのではないでしょうか?
かつて、異国の戦争をTV越しに見ていたときのように。

あれから1年に満たないうちに、新型コロナウイルスは世界中を席巻しました。
今となっては、私たちは皆、世界はつながっているということに気づいています。
地球上のどこで戦争が起きても、地震が起きても、パンデミックが起きても、最早他人事では済まされないのです。

2015年に採択され、近年耳にすることが増えていたSDGsという言葉が、コロナ禍の2020年、改めて注目を浴びました。

かつて、資本主義の世界では、その瞬間、自社の業績を上げることだけが重視されてきました。
しかし、これからは、自らを取り巻く世界と共に成長し続けられる企業が評価される時代へと変遷していくでしょう。

変化し続けるものだけが、生き残ることができる

私は、企業が持続するためには、常に変化し続けることが欠かせないと考えています。
世界は常に変化しており、変化に取り残されたものが生き残ることは極めて難しいのです。
そして、変化という点で、我々日本のIT業界の人間は、製造業の皆さまから大いに学ばなければなりません。

日本の製造業は、60年代に始まる米国の排ガス規制、70年代以降繰り返された円高不況、そして21世紀には、東日本大震災によるサプライチェーンの崩壊など、幾度となく危機的状況に見舞われてまいりました。
そしてその都度、新たな製品の創出、工場移転、製造自動化と、あらゆる手段で危機を乗り越えてこられました。

現在も、第四次産業革命の波、国内人口減少に伴う人手不足、もちろん新型コロナウイルスの影響、はたまた内燃機関エンジンへの規制強化等、業界を取り巻く状況は決して甘い物ではないと認識しております。
そんな中でも、数多くの製造業さまが、新たな価値創造を求めて切磋琢磨しておられるのです。
激動の世界の中で、自ら変革を続けることで持続的な経営を実現しておられることに、敬意を表します。

一方日本のIT業界は、30年に渡って、とにかくシステム開発工事に人を投入しさえすれば業績を上げることができる労働集約型のビジネスモデルのまま停滞してきました。
労働力を増やすだけで売上が伸ばせるので、その労働力が何をどのように生み出しているのかには注目してこなかったのです。

その間に、海外の競合他社はと言えば、労働の量ではなくその結果生み出す価値に重きを置き、目覚ましい発展を遂げました。
Google、Appleといった、人々の生活そのものを自社のサービスで包括してしまうクラウドプラットフォーマーたちに、我々は大きな差をつけられてしまいました。

当社はこの状況に危機感を覚え、常に新たな価値を提供し続けられる企業になるため、遅ればせながら自己変革に踏み出しました。
その大きな柱が、労働集約型の事業から脱し、お客さまのビジネスを変革するソフトウェアをメーカーとして販売していくことです。
労働の量ではなく価値を提供できる企業目指して、邁進してまいります。

共に伸びゆく世界を目指して

当社は、2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令され、以後、在宅ワークを中心に運営を続けています。
これにより事業の効率化ができたと自負している一方、社員の健康管理など、これまでにない課題が突きつけられてもいます。

ここで、目の前の課題を投げ出し、かつてと同じ働き方に戻ることも可能です。
しかし私たちは、ITを活用することで、ニューノーマルなビジネスを率先して実現いたします。
それが自社の成長につながるのはもちろんのこと、そこで得られた知見を広めることで、お客さまのビジネスにも貢献できるのではないかと考えているからです。

2021年も、シナプスイノベーションは、製造業のお客さまのためのITサービスを、自らの経験を糧に提供してまいります。
そのためには、他ならぬ製造業の皆さまのご指導、ご鞭撻がなくてはなりません。
皆さまと支え合い、学び合い、共に持続的な世界を創り上げてまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

藤本 繁夫

株式会社シナプスイノベーションの社長をしています。
時空を超え、国境を超え、業界の常識を超え、びっくりポン!なアイデアを発信します。

関連記事一覧