若手社員、海を渡る

まふゆのシナプス観察日記, 弊社の取り組み

【まふゆのFCS観察日記】~FCS社員ブログ~
文系OL“まふゆさん”が、FCSの取り組みや日常の1コマを題材にしたお話をお送りします。

 

きょうも1日、よくはたらきました。
ということで、電車に乗りこみつり革を掴む。 

いつもどおり、電子書籍アプリで小説を読もうとスマートフォンをとりだすと、ちょうどメッセージの通知がきた。
上長の川田さんから、何か画像がとどいている。 

開いてみて、あ、と思った。

民族人種さまざまな皆さまが、オフィスらしき場所にずらりと並んだ写真、その真ん中に、入社2年目の女性営業スタッフ・都築さんが、満面の笑みで写っている。

そうだ、都築さんは今週から2週間、ヨーロッパに出張中なんだった。

川田さんから、続けてメッセージがきた。

『現地で、Software Imagingの方と撮ったみたいですよ』

Software Imagingは、イギリスに本社のある、FCSのグループ会社だ。

思い浮かんだそのままを、川田さんに返信する。

『都築さん、しあわせそうでなにより……』

都築さんは、入社したばかりのころからことあるごとに、海外で働きたいと話していた。
それが叶って海外営業チームの一員になり、今回の出張に参加しているんだけど、このかんじ、なかなか満喫しているらしい。 

川田さんから返事がくる。

『若手は特に、海外に興味のある社員が多いですしね。
都築さんが、次につながる仕事をしてきてくれるといいですね』

 

海外とかかわる仕事を希望しているのは、都築さんだけじゃない。
たくさんのメンバーが、開発、営業、それぞれの立場でまいにちを過ごしながら、手をあげている。 

もちろん、みんながみんな現地に行くわけじゃない。
いつものオフィスではたらく人たちも、そこでできるいろんなことを進めている。 

たとえば。
英語資料の翻訳をするプロジェクトのチャットを、ちらっと覗く。 

オランダの提携先・UNIFACE社から届いた資料を翻訳するお仕事で、希望すれば誰でも参加できる。
いろんな世代、いろんな立場、英語のレベルにもばらつきのある中で、協力しながら進めていけるよう、いろいろと試行錯誤しているそうだ。 

いま翻訳中なのは、短い広告文みたいだ。
さっと読んでみると、なんとなく、ぼんやり意味はわかる。
でもきちんと訳するとなると、英語力も文章力も、技術の知識も必要で、なかなかむずかしそうだ。 

翻訳お願いのメッセージが書きこまれるとすぐ、わいわいとチャットが動きだす。 

(なんか、みんなすごいなあ……)

英語も海外もきらいなわけじゃないけれど、どんどんかかわりたいと思っているわけでもない。

いつもの電車の窓にうつる、おつかれ顔の自分と目があう。

(でもわたしだって、明日やりたいこといっぱいあるし)

来月のイベント用のおべんとう、発注してないし。
たのまれた資料、完成させたいし。 

派手じゃないけど、まわりの誰かのために必要だからやってることだ。

(採用サイトの原稿チェックだって、まだおわってないし) 

そう、わたしだって、大好きな文章にかかわる仕事をさせてもらっている。
やりたい、大切だとおもうことをちゃんとやっている。 

都築さんが海の向こうをみているのと、たぶんおんなじだ。

 

『次は、XX駅、XX駅ー』 

車内アナウンスで、現実に引きもどされた。
結局小説は1行も読めなかったけど、スマートフォンをかばんにしまう。

 

都築さんが都築さんの世界でやっているみたいに、わたしはわたしのするべきことをしたらいいんだ。

(よし。明日も地道にがんばろ)

かばんの肩ひもをにぎって、電車を降りた。

 

・・・

 

海外展開は、いまFCSがとくに力をいれているテーマのひとつです。
今回は少しずれた立場からふれましたが、他の方の記事や採用情報などでも扱っていますので、ご興味があればごらんください。

 

(この記事は、FCSの取り組みを元にしたフィクションです。
登場人物・エピソードはすべて、“まふゆさんの中の人”の創作です)

【製造業様向け】
シナプスイノベーションの
好転メルマガ

製造業様向けセミナー・イベントのご案内、広報ブログの更新情報等を配信しています。
配信登録に必要なのはメールアドレスのみ。お気軽にご登録ください。

メルマガ配信登録する
まふゆさん
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧