“時間差RAPID開発”ってなに?(後編)

まふゆのシナプス観察日記, 仕事効率化, 働き方改革, 弊社の取り組み

【まふゆのFCS観察日記】~FCS社員ブログ~
文系OL“まふゆさん”が、FCSの取り組みや日常の1コマを題材にしたお話をお送りします。

※「“時間差RAPID開発”ってなに?(前編)」はこちら

・・・

海外オフィスとの時差を利用して、1つの仕事を何人かで交代しながら、ノンストップで続ける。
そうすることで開発のスピードアップを目指す、“時間差RAPID開発”。

これをFCSの開発現場に取り入れることはできないか、まずは日本にいるプログラマーさん同士で実験した。

その報告会に記録係として呼ばれたわたしは、実験にかかわったプログラマーさんたちの渋い顔、そして口を開いたとたんの「難しすぎる」という言葉に圧倒されている。

 

状況がつかめないけれど、とりあえずメモだけとろう。

わたしがペンを握りしめたのと同時に、会議室でしかめつらのプログラマーさん、Web会議システムごしの在宅プログラマーさん、口々に「何が難しいのか」訴えはじめた。

 

「まず、1つのプログラムを2人で作るだけできついです」
「それぞれが自分の考えだけで開発していくと、めちゃめちゃになっちゃうんですよね」
「だからはじめに役割分担がいります。どっちかがメインで作りかたを考えて、もう1人は手だけ動かす、とか」

「とにかく下準備をしっかりしないとだめです。
設計書もかなり細かいところまで書いていないと使えないし」
「そこまでするって考えたら、普通より時間がかかりますよ」

「時差があるって前提で、電話なし、メールだけでやりとりしたでしょう。
読むのも、相手が作業している時間はだめ。返事もメール。
直接やりとりできないから、情報がぐちゃぐちゃになりそうでした」
「それに、伝えたいことを文章にするって、しゃべるよりずっと時間がかかるんですよね」

 

怒涛の勢いであふれてくるご意見を、とりもらさないよう書き起こしていく。

 

やっぱり、実際にやってみた人にしたら、気になることはたくさんあるんだろう。

「24時間ノンストップの開発で、いまよりずっと短い期間で仕事ができる」
なんて口でいうのは簡単だけど、そううまくいくものじゃない。
やってみる、を担当する人は、そりゃ苦労するはずだ。

あたらしいことに挑戦するのは大切なことだけれど、それにはエネルギーも時間もお金もかかるってこと、忘れないようにしないと……。

なんて考えを巡らせているうちに、プログラマーさんたちの訴えはなんとかひと段落した。

 

すると、さっきまでただ笑顔で聞いていた責任者・守谷さんが、ところで、と話題を変えた。

「ところで、かかった時間は、普通に開発するのとくらべてどうでした?」

会議室のプログラマーさんが、首をかしげながら答える。

「そうですね、だいたい2日なので、初心者が1人で作るのと同じくらいでしょうか」

「質の方は?」
「細かい検証をしないとなんともいえませんけど……。
2人でプログラムをみたので、バグはみつけやすかった、かもしれません」

「なるほど」
守谷さんがほがらかに続ける。

「スピードはとりあえずそのまま。質の面はやり方しだいでプラスになるかもしれない。
課題は多いけど大失敗ともいえない、っていう結果ですね」

さんざん課題の積みあげられた会議を、ポジティブにまとめるこの一言。
思わず笑ってしまった。

当事者のプログラマーさんたちは、わたしほどのんきには受けとめられないらしい。
あくまでもあいまいに、工夫がいりますけどね、とうなずいた。

 

報告会のあと、席に戻ろうとする守谷さんに声をかけた。
「なかなかたいへんそうですね、“時間差RAPID開発”って」

「いやまあ、初めはこんなもんですよ」
守谷さんはどこまでもおおらかに言葉を続ける。

「実現できるかどうかも含めての検証ですからね。
今回のところは課題を見つけられただけでじゅうぶんです」

たしかに、いきなり成功する挑戦なんてそうはない。
“時間差RAPID開発”の実現を本気で目指すのか、それならいったいどうしたらいいのか、考えるための実験だとおもっているなら、あの会議でもほがらかであたりまえだ。

「だからまふゆさんには、今日のことを率直にまとめてもらって。
読んだ人が、“時間差RAPID開発”について考える機会にしてもらえたらなによりです」

わたしは、握りしめたメモにあらためて目をやった。
必死に書きなぐったので、字がとても汚い。

FCSの挑戦の、失敗も成功も伝えるのがわたしの仕事。
にこにこ顔の守谷さんに、びしっと宣言する。

「それはもちろん!」

・・・

新しいことに挑戦するのは、ほんとうにたいへんです。
“まふゆさん”のコンテンツでは、FCSのチャレンジをどんどんお伝えしていきます。
※次回から、コンパクトサイズの短編にもどります。

(この記事は、FCSの取り組みを元にしたフィクションです。
登場人物・エピソードはすべて、“まふゆさんの中の人”の創作です)

スマートファクトリープラットフォーム「J WALD」

次世代型 製造業向けシステム「J WALD」(ジェイ バルト)は、複雑な生産形態の工程管理、多様な品目の在庫管理・原価管理を実現し、工場のスマートファクトリー化を推進する製造業向け業務パッケージです。

製造業向けシステム「J WALD」
まふゆさん
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧