役職のきこえない会社

まふゆのシナプス観察日記, 弊社の取り組み

「あの、まふゆさん」

ん?
呼びかけられて顔を上げると、かわいい新人くんがちょっと困ったようにわたしを見ている。

(ちょい待ち!)と手で訴えて、お弁当の最後のひと口をのみこむ。
あせって喉に引っかかったので、お茶でむりやり流しこむ。

「んぐ……、えー、はい、何でしょう。元倉さん?」
「えっと。この書類、開発のマネージャー以上の人に配っといてくれって、上長から言われたんですけど」

オフィスの使い方か何か、お知らせの書類を、ぺろん、と差し出される。
元倉さんは声をひそめて続けた。

「そもそもマネージャー以上って、どの方ですか?」
「……あ~」

なるほど。
オフィスをぐるりと見回す。

うちのオフィス、チームごとの「島」こそあれ、島それぞれの「上司席」みたいなものはいっさい無い。

つまり、誰が偉い人なのかデスクを見てもまったくわからない。
新人さんからベテランさんまで、ただすとんと座って、カチャカチャ仕事している。

「みんな“さん付け”だと、どの人がどんな役職なのかわかんないよね」

元倉さんはうなずく。
シナプスイノベーションでは、わたしが入社したときにはすでに、社員同士がだれも役職で呼び合わない“さん付けルール”というものが定着していた。

入社1年目ぴちぴちの彼は「元倉さん」。
3年目のわたしは「まふゆさん」。
わたしの上長は「川田さん」。
社長であっても、「藤本さん」。

“さん付けルール”のもとでは、誰が誰を呼ぶにもこういうふうになる。

「組織図を確認して、もれのないようにしてほしいんですけど……。
今だとちょうど、あのあたりですかね」

オフィスの片隅に、タイミングよくマネージャー陣が集まっている。

「あそこですね!  ありがとうございます」
元倉さんはそろそろと、わたしの指さすほうへ向かった。

(わかる~、話に割り込むの、緊張するよね。
わたし、1人でご飯食べてただけだし、話しかけやすかったよね~)

わたしはお弁当をたたみ、読みかけの文庫本を開いた。

「おお、ありがとう、元倉さん」
遠くからマネージャー陣の声も聞こえてきたし、これにて先輩の任務完遂、ということで。

・・・

ちなみに、シナプスイノベーションの“さん付けルール”は、基本的には“名字 + さん”です。
名字が先輩とかぶった場合は、後輩の呼び名が“下の名前 + さん”になります。

わたしは誰とも名字はかぶっていないけれど、
ちょっとめずらしいファーストネームのおかげで、「まふゆさん」と呼ばれています。

そんな例外もありますが、いずれにせよ、シナプスイノベーションのオフィスでは、役職が聞こえてくることはないのです。

(この記事は、当社の取り組みを元にしたフィクションです。
登場人物・エピソードはすべて、“まふゆさんの中の人”の創作です)

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
まふゆさん
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧