まふゆさんと体調管理 ①対応篇

まふゆのシナプス観察日記, 経験談・小話

目が覚めたら、熱が38度まで上がっていた。

あぶない病気ではないだろうということはほぼ確認できている。
朝ごはんをたべて、おでこに冷却シートを貼って寝ることにした。

冷凍うどんをあっためて、わかめと卵をのせて、しょうゆをかけてずりずりすする。

近所はどこも冷却シートが品薄で、手に入ったのは子ども用の小さいやつだったんだけれど、意外とおでこのサイズにぴったりだった。

汗でしめったパジャマを洗濯かごに入れて、着替えて、布団にもぐりこんだ。

熱が出はじめたのは昨日のお昼だった。
テレワークなので、早退させていただいてすぐにベッドに横になれたのは助かった。

出はじめたといったってそのときは37度ちょっとで、ハタチそこそこのころだったら、見なかったことにしてがんばっていたと思う。


すこし調子がわるいくらい、無理して乗り越えるのがえらいのだ。
だいたいおまえは根性がないのだ、そのていどの調子がわるいはわるいうちに入らんのだ。
と世の中がわたしを脅していると、わたしひとりで思いこんでいた。

自信がなくて、まわりから責められていると感じていて、とにかくなにかいい子らしきものにならないといけない、わたしはわるい子なので、と思っていた。

それが、仕事をつづけるうち、いろんな人と話をするうちに、本当にダメになる前に「しんどいです」といえるわたしえらい、に変わってきた。
仕事も、さきざきのスケジュールを考えて回しているつもり、1日ちょっと休んだってとりかえせるはず。
ので、今日はゆっくり堂々と眠らせてもらう。

すこし調子がわるいくらい、無理して乗り越えるのがえらいのだ。
だいたいおまえは根性がないのだ、そのていどの調子がわるいはわるいうちに入らんのだ。

そういうことをいう人が、そこそこいるのも事実だ。うちの会社はそんなことないけれど。

それがいま、世の中が大きくうごく中で、変わってきているといいなと思う。
いつだって心と体がなにより大事。
苦しいときには無理しないで、危ないこともしないで、また元気に会いましょう。
それがふつうになるといいなと思う。

考えているうちに眠っていた。
枕もとの時計をつかむ。13時47分。お腹空いた。

体温を測る。上がっても下がってもいなかった。
これは今夜くらいまでかかるかもしれない。
サイドテーブルに置いておいたぬるいスポーツドリンクを飲む。やっぱりお腹空いた。

ベッドから降りると、視界がぐらっと回った。
でもまあ歩けなくはないし、トイレいっとかないと眠れないし、なんといってもお腹空いた。

(麦ごはんと、納豆と、インスタントスープと、あとぶどう……)

壁に右肩を押しつけて、つたうようにゆっくりと、短い廊下を冷蔵庫めがけてすすむ。

・・・

体調をくずしても食欲の落ちないタイプです。

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧