会社のなかで自分ができること

まふゆのシナプス観察日記, 経験談・小話

高校3年の春、「先輩からのメッセージ」を書いた。

いままでありがとう! 高校生活楽しかったよ!
ではなく、わたしはこうやって大学に合格しました、参考にしてね! というやつだ。

べつに書きたかったわけでもないのだけれど、先生によろしくと言われて、はい、と返した。

あのころわたしは、世の中は、がむしゃらに走ることだけをよしとしている、とおもっていた。

志望校合格のためにまず1日○時間勉強、みたいな話はめずらしくなくて、じっさい、どれだけ量をこなせたかは、どれだけ「できた」かをはかる、たいせつなポイントとみなされていたのだとおもう。

ただあいにくとわたしは、ねむたかった。

大人になったいまでも、1日8時間はねむらないともたないのだ。
いまでも、1時間がーっと集中して仕事、ひといき、また1時間がーっと、かける7セットで本日閉店、のたちであって、朝から晩までひたすら勉強なんて、当時からまったくできなかったのだ。

それでも試験には受かりたかったので、とりあえず、テストのしくみをひもといた。

国語の記述問題がけっこうくせっぽいな、練習いるな、とか。
作った人がイメージしただろう、問題ごとの時間の配分とか。
この問題は部分点を1、2点とらせるためのもので、完ぺきにとけなくてもあわてなくていいなとか。

そうしてわかったことを、自分のとくいふとくいと照らす。
とくいなところは短い時間で、ミスを減らすように。
ふとくいなところはそれよりはかけて、合格ラインにとどくように。

120点の結果が出るまで走れないなら、80点を必ず出せるようにしようとおもった。

だいたいそんなことを書いた「先輩からのメッセージ」を職員室に持っていったとき、緊張した。

あのころ、いつでもひたむきにがんばれるクラスメイトに、劣等感があった。
どこまでも走れるというのはとても立派なことで、それができないのはわたしにとって、なんとなくみっともないことだった。

でも、みっともないと落ち込んでもしかたがなかった。
ほしいのはこつこつ勉強することではなく試験に合格することで、試験に合格したいのは、大学というところにいって、すきなことをたくさん学んで、それまで暮らした町ではできなかった経験をしたいからだった。

それがクリアできるなら、ルールの中でひととちがうやり方をするからといって、ひとと同じやり方ができないからといって、恥ずかしがらなくてもいい。がんばりかたなんてそれぞれでいい。
と、うったえる方の自分に従って、書いて、出した。

いるかもしれない自分みたいな後輩に、まわりとおなじようにできなくてもいいよ、自分のやり方で、自分にとってたいせつなことができたらいいんだよと伝えたい、18歳なりのまじめさだった。

あれからだいぶん経って、わたしは仕事をしている。

仕事をしているのは、まずいちばんに、自分がしあわせに生きていきたいから。
わたしにとってのしあわせは、知ること、話すこと、笑うこと、そのために働くことが必要だとおもうので、働いている。

働くうえで、わたしは会社にいて、会社の中のチームにいて、そこで役割をもらっている。
まいにちのタスクはわたしの役割をクリアするためのもので、わたしの役割はチームが会社の中の役割をクリアするためのもの。
その先には会社の役割があって、会社がある社会にも役割があるんだろう。

まずはわたしのしあわせ、それからとなりではたらく仲間のしあわせ、そしてそれをみんな含む世界のしあわせ、どんなふうに重ねて作っていくのか。

ゴールを、歩き方を、いつでも自分で見つけつづけるのも、ある意味苦しいことだ。
あのころわたしが思いきり走れなかったように、自分で決めるということがどうにも苦手で、苦しい人もいるだろう。

高校3年の春は、そのさきわたしにたくさんの学びをくれて、いまでは、「よしとされる」ものすら、そのとき、その場で、ひとが何を選ぶかによって変わることを知っている。

だからこそ、自分がいまほんとうにほしいものは何なのか、そのためにできることはなにか、考えて、ゆっくりゆっくり歩きたい。

・・・

ことし、近畿圏はあまりにはやい梅雨入りをむかえました。
雨の季節になると、手仕事ということばを思い出します。
梅は挑戦したことがありませんが、新生姜の甘酢づけと山椒じょうゆをちくちくつくっています。

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

まふゆさん

“まふゆさん”の中の人。
大阪オフィスの管理部門でこつこつ働きつつ、
ときどき社内ライター兼校閲ガールを務める。
本とお酒とNHK Eテレ「きょうの料理」が好き。

関連記事一覧