プロダクト クリエーション部 マネージャー Y.T.

革新的なアイデアを形にし、日本の未来に貢献する。
それが私の、そしてシナプスの使命。

開発本部 プロダクト クリエーション部 マネージャー Y.T.

京都大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業し、約9年前に新卒としてシナプスに入社。その後開発に配属、債権債務システムの構築などに従事した後入社1年半でプロジェクトリーダーに抜擢。その後プログラマー、SEを経て、約3年前に初の自社製品である生産管理システム「J WALD」の開発チームマネージャに就任、現在に至る。

2010年 入社、開発本部に配属

2010年 プログラマーからSE(システムエンジニア)に抜擢
2016年 プロダクト クリエーション部に配属、マネージャーに抜擢

今の仕事について

担当している仕事

私は現在、自社開発ソフトウェア「J WALD」プロジェクトのマネージャーとして、初の自社製品「J WALD」の新規機能を設計しています。
既存製品を扱うSEなら、まずお客様の要望があり、それを実現するのが仕事です。しかし私の仕事は、何もないところからどんなシステムを創るか、経験や知識を総動員して考えることから始まります。難しいですが、世の中にないものを仲間と創るのは面白く、やりがいがあります。
そして私たちの製品が世の中を支えていることを、とても誇りに思います。

シナプスでの働き方

私は新卒入社後10年も経たずに、自社製品の開発という会社の要になる部署のマネージャに抜擢されました。シナプスはそんな風に、社歴に関係なく本人のやる気や長所を最大限に引き出してくれます。ベンチャー企業であれば、若手でも活躍できるのは珍しくないと思いますが、当社は35年の歴史と実績があり、IT業界では老舗です。
にもかかわらず若いうちから挑戦できますし、他のIT企業と比べ、開発、営業、マーケティングにコンサルタントと職種の幅が広く、キャリアパスが豊富です。
このようにベンチャー企業と大手企業のいいところどりをしているのがシナプスの1つの特徴です。これからも挑戦を続け、シナプスの進化に貢献すると同時に、世界に革新を広げていきたいです。

仕事での失敗談/苦労していること

システムを納品した後、実際にお客様がシステムを使う段階になるとSEがお客様先に常駐してフォローすることがあります。
物流業界の企業への納品後、お客様のもとで常駐していた時、配送する商品数が注文の3倍になるエラーが見つかったことがあります。
あわてて対応するも時すでに遅し。お客様に多大な損害が出てしまったことは、今思い出しても胃が痛くなります。チェックは本当に大切……。

今後成し遂げたい野望

釣り用のボートを買います!

【SE(システムエンジニア)とプログラマーの違い】

SE(システムエンジニア)…お客様のご要望を叶えるために、より使いやすいシステムを考え、仕様書を作ります。
プログラマー…仕様書を元に、実際にシステムを作っていきます。大きい案件では何人ものプログラマーが分担して仕事を行います。

入社当時について

配属部署の決め方

当時は営業部の募集をしていなかったので、開発1本でした。

入社後の教育システムについて

3ヵ月間外部の講師から講義を受けて、プログラミングの基礎を身に着けました。
その後は現場でプロジェクトの動きを教わり、半年間のOJTを超えて一人前になりました。

社内の雰囲気

近頃特に、チーム間での協力体制が整ってきたのを感じます。
忙しいチームを手助けしたり、トラブルを相談したりできる環境があるので、ありがたく感じています。

プログラミング初心者の皆さまへ

自分も生物系の学科を出ているのでプログラムは初心者でしたが、トレーニング期間が1~2ヶ月はあるし、現場でも先輩が気にかけてくれるから大丈夫ですよ。

入社前にしておいたほうが良いこと

パソコンでコピー&ペーストが出来たら十分です。

プライベートについて

社内イベント/飲み会について

プロジェクトやチームでのみに行くことがしばしばあります。
会社で1番大きいイベントは春の新人歓迎会。新入社員は東西両方の新人歓迎会に招待されますよ!

休日の過ごし方

釣りに行ったりライブハウスにバンドを見に行ったりしますね。
大学の頃はロン毛のバンドマンだったことも……(笑)
今でも音楽は大好きです。

先日釣ったアマゴです
昨年から渓流釣りにハマってます

ある1日の流れ

時間仕事内容
8:00~出社・メールチェック
8:30~ミーティング
9:30~プロジェクトの課題確認
12:00~昼食
13:00~保守対応(既存のお客様のアフターフォロー)
14:00~チームミーティング
14:30~仕様書作成
18:00退社

新入社員へのメッセージ

入社前は心置きなく遊んでおいてください!!

インタビュー一覧へ戻る