内部統制 | Web-ERP「GRANDIT」

Web-ERP「GRANDIT(グランディット)」

内部統制

操作ログ管理

GRANDIT ログ管理のイメージ図

GRANDITでは利用者の操作ログを取得することで業務レベルでのトレーサビリティを実現します。

項目セット内容
ログイン/ログアウト日時GRANDIT関数により操作日時をセット
利用者画面を開いたユーザ名をセット
ログイン/ログアウト端末(IPアドレス)開いたクライアントのIPアドレスをセット
ログイン/ログアウト端末(PC名)開いたクライアントのPC名をセット
操作の種類ログイン/ログアウトをセット
操作の内容(コメント)ログインの成功/失敗

ワークフロー機能

GRANDIT ワークフローのイメージ図

GRANDITでは全てのモジュールにあらかじめワークフロー機能が内容されています。
申請、承認、否認・差戻のほか、代理認証機能も完備し、業務処理の効率化、意思決定のスピードアップに貢献します。
製品開発時より、ワークフローを想定したデータベース設計をおこなっているため、後付の機能追加に比べ親和性が高い仕様となっています。

ワークフローの対象となる伝票、利用する部門は、ご利用形態に合せて設定できます。
認証経路も15階層まで指定でき、業務形態にあわせた認証経路を自由に設定できます。

権限設定

GRANDIT 権限別のメニューイメージ

GRANDITでは、グループや個人、役割ベースのセキュリティ・プロファイルを用意し、各役割のアクセス権限を設定することが可能です。

マスタ一元化、取引データの整合性確保

GRANDIT マスタ一元化のイメージ図

GRANDITでは、マスタ一元化・整合性ある取引データの連携を徹底しています。

  1. マスタの一元管理:勘定科目マスタ、取引先マスタ等、マスタの一元化を徹底しておりますので、多重入力を行なう必要がありません。
  2. 整合性ある取引データの連携(二重入力防止):水平方向と垂直方向でデータの整合性を確保する構造となっています。
    また、プロセス間にはGRANDITに統合されたワークフローを経由することで、職務分掌を徹底します。

一気通貫なデータ管理

GRANDIT データのドリルダウンのイメージ図
GRANDIT データのドリルダウン・ドリルスルーのイメージ図

リアルタイムに原始伝票への照会・確認が可能です。

  1. データはGRANDIT内部で整合性を保ちながら連動します。
  2. 二重入力することなく、処理は完結され、いつでも照会・確認が可能になります。
  3. 販売、調達在庫などで入力された伝票は、全て会計側への自動仕訳として連携されます。
  4. 自動仕訳データは、会計帳簿から発生元伝票へのドリルスルーが可能です。

GRANDITをもっと知る

お問い合わせ・資料請求はこちら

製品・サービスの詳しいご説明、資料請求など、
お気軽にお問い合わせください。