ライン分析改善パッケージ「UMKaizen」

UMKaizenロゴ

UMKaizen(ユーエムカイゼン)は動画を使って誰でも簡単に改善活動を実現できるツールです。
UMKaizenは24時間すべての作業において、
1作業あたりの動画を自動で取得する仕組みを搭載しています。
従来のように抜き打ちで動画を撮影したり、監視カメラの映像を
早回しで見る必要なく、動画を使った改善活動を実施いただけます。

UMKaizenのコンセプト

作業者の負荷を軽減できる

各工程の作業時間のバラツキを見て、標準サイクルタイムより遅いときの動画を確認し、グラフをクリックして当時の動画を確認、原因追及を容易にできます。

作業員が握手

サイクルタイムを分析
ムダとり、ラインバランシングを実現

各工程での作業時間のバラツキが減り、仕掛品等のムダを減らすことができます。

設備・ロボットにつながる
ラインの自動化も可能

設備/ロボットの導入を検討している際に、UMKaizenを使用すれば選定の指標になります。さらにエラー分析も行えます。

様々なセンサや、三菱電機、キーエンス、オムロンなど主要なPLCと接続ができ、
お客様の既存の設備に接続して、UMKaizenをご活用いただけます。

UMKaizen システム構成

標準で付属しているスイッチの他、センサやPLCなど、お客様のご要望に応じてサイクルタイムを取得するデバイスを選択可能

画面サンプル

▼ラインバランス分析

UMKaizen画面サンプル1
最小/最大/平均/最多サイクルタイムを自動で可視化します。

▼サイクルタイム分析

UMKaizen画面サンプル2
工程別にサイクルタイムのバラツキを表示します。

UMKaizenでできるようになること

  • 工程・人別のサイクルタイムを自動収集。
  • 自動グラフ化!工程の標準作業時間が一目瞭然。
  • ドライブレコーダーのように人の動作も自動録画。
  • 作業が遅い/早い人の動作をワンクリックで確認。
  • ムダとり、ラインバランシングによる生産性向上。
  • 時間帯別出来高を可視化。改善活動効果を一目で検証。

コロナ対策に有効です

  • 生産ラインの状況を遠隔で確認でき、改善指示、作業報告などもグラフや動画を用いて電子化できるため、
    作業者と管理者の密接を避けつつ現場改善ができます。
  • 精緻なサイクルタイムを計測できるため生産計画と実績の差異が生じにくくなり、需要の変化に対応できます。
  • 作業者の正しい動きとミスのある動きを動画で比較でき、遠隔や在宅でも効率的な教育ができます。
  • 常に現場で立ち合いを行わなくとも、ボトルネック工程を見つけることができ、原因を簡単に発見することができます。
  • 移動、出張することなく、複数の生産ラインの状況を把握し、課題を発見することができます。

こんな作業現場におすすめです

人手による作業には、大なり小なりバラツキがつきもの。
そういった場面で改善にお役に立てるソリューションです。

  • 屋台方式の人による組立作業
  • 人による段取り替えが発生する装置をご利用の加工現場
  • コンベア脇で人がワークを選別したり加工したりする作業現場

作業時間や稼働時間のみならず、品質を改善するためにもご利用は可能で、
環境データ(温度・湿度)や機械設備に関する情報もカスタマイズすることにより
収集が可能になり、ご利用頂けるシーンは、製造業のどこにでもあります。

機能紹介

毎日の作業時間の平均値をIoTで自動収集するためボトルネック工程が一目でわかる

1作業ごとの動画を見ることができるためボトルネックの原因が映像でわかる

システム・機器構成に関して

分類内容数量
ソフトウェアUMKaizen製品ライセンス
(最大接続数:カメラ8台まで)
1
ミドルウェアIoT Data Share、IoT Data Viewライセンス1
産業用PCアドバンテック 組込みPC:UNO-2000シリーズ(UNO-2484G)
※PC本体のみ
1
ハードウェアカメラ用 Raspberry Pi5
スイッチ用 Raspberry Pi5
オシデン フットスイッチ H形 OFL-S-H-G5
設置調整作業
※その他 出荷前の設定及び現地設置・調整作業を含めます。

UMKaizen 製品紹介動画

UMKaizenを使用した改善活動の例や、実際の操作している様子を5分間にまとめたムービーです。

現場改善のプロフェッショナル
「PEC協会」による診断を
受けてみませんか?

当社は、お客様のカイゼンをより推進するために、現場改善のプロフェッショナルであるPEC協会と協業体制を組んでおります。

「システムを入れた後、改善が進むか不安…」
「カイゼン前の現状を、一度外部の専門家に見てほしい…」
そんなお客様は、ぜひ一度現場診断を受診してみてください。
現場診断は、以下のフォームよりお申込みいただけます。

ライン分析改善パッケージ「UMKaizen」
製品資料ダウンロード