短納期 実績多数「SVF帳票開発サービス」

SVF、SVF Cloudの帳票開発・バージョンアップ・マイグレーションは、シナプスイノベーションにおまかせください。

  • HOME
  • SVF帳票開発サービス

短納期 実績多数「SVF帳票開発サービス」

SVFロゴ

SVF Cloudロゴ

SVF、SVF Cloudの帳票開発・バージョンアップ・マイグレーションは、シナプスイノベーションにおまかせください。
シナプスイノベーションは、ウイングアーク1st株式会社の10年来の開発パートナーとして、数多くのSVF導入支援、帳票開発実績があります。
ノウハウがあるから短納期で安心です。

≫ SVF導入・開発実績

≫ 見積依頼フォームはこちら

SVF帳票開発サービスの流れ

お見積までの流れ(無料)

メール・電話アイコンステップ①

まずはメールかお電話にてお問い合わせください。すぐに見積が必要な場合、見積依頼フォームをご利用ください。

協議アイコンステップ②

委託開発希望の帳票レイアウト(既存帳票のコピーかエクセル設計書)を受領。開発難易度判定、概算見積を提示します。

体制・見積アイコンステップ③

お客様の予算感や、お客様とシナプスイノベーションの作業分担をすりあわせ、正式見積書を発行いたします。

ご発注後の流れ

教習アイコン

▼帳票定義シート作成/指導
お打ち合わせにて帳票仕様を確認し、それをもとに弊社にて「帳票定義シート」(帳票に出力するデータの項目名、桁数、改ページ条件等を記載)を作成します。「帳票定義シート」をお客様に作成いただく場合、弊社はシートの作成指導を行います。
※帳票定義シートのテンプレートはシナプスイノベーションがご提供します。

PCアイコン

▼帳票開発・単体テスト
記入いただいた帳票定義シートをもとに、帳票開発を行います。単体テストはシナプスイノベーション作成サンプルデータを用いて、シナプスイノベーション環境にてテストPDF出力を行います。
※PDF以外のテスト出力は別途ご相談となります。

メールアイコン

▼納品
帳票フォーム(xml)、テスト出力PDF(PDF以外は要相談)、シナプスイノベーション作成サンプルデータ(csv)を、メールにて納品いたします。

 

料金について

料金は、「帳票定義シート作成/指導料金」 + 「帳票開発料金」となります。帳票定義シート作成料金、帳票開発料金は、帳票ごとの開発難易度によって決定いたします。

※SVF実行部(サーバーサイドのアプリケーション)のバージョンアップや、それに伴う帳票マイグレーション作業は別途お見積りとさせていただきます。

開発難易度の目安

「アイテム」は、フィールド、バーコード、画像を指します。

SVF帳票 開発難易度レベル1

レベル1帳票(目安)

  • 単票形式レイアウト
  • アイテム数「50」まで
  • 画像ファイル、バーコード(NW7、CODE39)有

 

SVF帳票 開発難易度レベル2

レベル2帳票(目安)

  • 明細形式レイアウト
  • アイテム数「100」まで
  • 特殊バーコード(QRコード、GS1データバー)有

今までの実績の約7割の帳票がレベル2帳票に該当します。

 

SVF帳票 開発難易度レベル3

レベル3帳票(目安)

  • グラフィカルレイアウト(カラー、特殊図形等)
  • アイテム数「200」まで
  • ダイナミックアトリビュート(動的出力制御機能)、チャート(折れ線グラフ、円グラフ等)有

≫ 見積依頼フォームはこちら