ビジネス革新を支えるシステム共通基盤「intra-mart」

データ分析
Intra-mart ロゴ

intra-mart(イントラマート)は、開発生産性の高いJavaEEフレームワークをベースに、ワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなどの豊富な業務コンポーネントを組み合わせながら、短期かつ低コストで複雑なWebアプリケーションを簡単に構築できるシステム共通基盤です。

これまでのIT活用は、基幹系・情報系などのコスト削減・業務効率化を目的としたものでしたが、企業競争力を左右する革新的なビジネス領域までをIT活用することで、大幅な業績向上に役立てることができます。

 

製品コンセプト

im_concept

intra-martは、柔軟性のある開発環境や拡張性といったOpen性と、素早い開発や高い投資効率につながるEasyさを備えています。

システム共通基盤がもたらす改善効果

img_effect_01

社内にさまざまな技術が乱立し、要員のスキルが追いつかないことで、開発・運用・保守の負荷が高くなり、標準化も進まないという悪循環に陥っている企業も数多く存在しています。これらの場合、システム基盤を共通化することで、コスト削減と標準化を両立できるようになります。

システム共通基盤に求められる機能をオールインワンで提供

img_concept_01

フレームワーク上に用意されているコンポーネント群を利用することで、従来ゼロから開発していた複雑で大規模なWebシステムでも、既存システムと連携した統合Webフロントとして短期間で構築できます。
またソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展させることができます。

ビジネス革新を支えるシステム共通基盤 4つのキーポイント

 KeyPoint1:複雑な業務システムでも簡単に開発&統合

詳しく見る

KeyPoint2:業務効率化を支援

詳しく見る

KeyPoint3:継続的なバージョンアップと、セキュリティレベルの担保

詳しく見る

KeyPoint4:高いコストパフォーマンス

詳しく見る
開発元・株式会社NTTデータイントラマートのウェブサイトはこちら

無料ホワイトペーパー
「プロセス系生産特有の課題を解決する方法」

生産管理システムは、組立加工系生産ラインの工場だけでなく、プロセス系生産ラインの工場にも必要なものです。

プロセス系生産ラインとは、工程を経るごとに材料の形が変わってゆく食品や素材、化学製品などの生産ラインのことを言います。プロセス系では端材を集めて前工程に投入することも多いため、在庫の把握が難しいことがしばしばあります。

プロセス系生産ラインにも対応する生産管理システム「J WALD」は、プロセス系生産ラインの複雑な生産管理において、「単位変換」「再投入」「副産物/連産品管理」「負荷状況管理」など様々な課題に対応。生産工程の見える化をサポートします。

中堅・中小のものづくり企業の皆様は、是非ご一読ください。

「プロセス系生産特有の課題を解決する方法」

プロセス系生産特有の課題を解決する方法

シナプスイノベーションの広報ブログを見る

弊社の代表および社員が、シナプスイノベーションに関することや、お客様の経営改善・意識改革のヒントになるトピックを発信しています。

広報ブログ

自社のIT活用でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください

東 京03-6863-4180
大 阪06-6343-1227
名古屋052-856-2095