ビジネス革新を支えるシステム共通基盤「intra-mart」

intra-mart(イントラマート)は、開発生産性の高いJavaEEフレームワークをベースに、
ワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなどの豊富な業務コンポーネントを組み合わせながら、
短期かつ低コストで複雑なWebアプリケーションを簡単に構築できるシステム共通基盤です。

  • HOME
  • ビジネス革新を支えるシステム共通基盤「intra-mart」

Intra-mart ロゴ

intra-mart(イントラマート)は、開発生産性の高いJavaEEフレームワークをベースに、ワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなどの豊富な業務コンポーネントを組み合わせながら、短期かつ低コストで複雑なWebアプリケーションを簡単に構築できるシステム共通基盤です。

これまでのIT活用は、基幹系・情報系などのコスト削減・業務効率化を目的としたものでしたが、企業競争力を左右する革新的なビジネス領域までをIT活用することで、大幅な業績向上に役立てることができます。

 

製品コンセプト

im_concept

intra-martは、柔軟性のある開発環境や拡張性といったOpen性と、素早い開発や高い投資効率につながるEasyさを備えています。

システム共通基盤がもたらす改善効果

img_effect_01

社内にさまざまな技術が乱立し、要員のスキルが追いつかないことで、開発・運用・保守の負荷が高くなり、標準化も進まないという悪循環に陥っている企業も数多く存在しています。これらの場合、システム基盤を共通化することで、コスト削減と標準化を両立できるようになります。

システム共通基盤に求められる機能をオールインワンで提供

img_concept_01

フレームワーク上に用意されているコンポーネント群を利用することで、従来ゼロから開発していた複雑で大規模なWebシステムでも、既存システムと連携した統合Webフロントとして短期間で構築できます。
またソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展させることができます。

ビジネス革新を支えるシステム共通基盤 4つのキーポイント

 KeyPoint1:複雑な業務システムでも簡単に開発&統合

詳しく見る

簡単に画面フォーム作成(IM-FormaDesigner)

im-forma

申請帳票やWeb画面フォームを、ブラウザ上でノンプログラミングで作成できる画面作成ツールです。
作成した画面は、PCやスマートフォン、タブレットなど様々なデバイスで活用できます。多言語対応、ワークフロー連携によって、国をまたがるワークフロー画面も作成できます。これまで多くの工数をかけて開発していた業務システムを、素早く低コストで提供することが可能です。

社内SNS(IMBox)

im-imbox

企業内で発生するコミュニケーションメッセージの集積場所。
お客様・従業員・システム……あらゆるメッセージをSNSインターフェースに統合し、リアルタイムな情報をキャッチ→判断→処理の流れを実現します。スマートフォン・タブレットでもPCと同じタイムライン画面で表示でき、機種依存を抑える仕組みも持っています。

ポータル画面の自由なレイアウト

im-portal

intra-martログイン後、初期画面に表示されるのがポータルです。自分が必要とする様々な情報や機能(ポートレット)を選択し、自由にレイアウトして利用することができます。個人ポータルだけではなく、グループ会社、全社、部門ごとのポータルを作成することも可能です。

KeyPoint2:業務効率化を支援

詳しく見る

ビジネスプロセス全体の業務効率化を推進(IM-BIS)

im-bis

手作業の処理や既存システムをまたぐ様々な業務処理プロセスを電子化、自動化、見える化し、今まで見えなかった処理を含めた業務システムの改善によって効率化を実現します。
業務フロー、業務画面、外部サービスを統合的に開発・管理する基盤で、各機能を組み合わせてBPM(Business Process Management)やWebシステムを容易に開発できます。
IM-BISは、オプション製品として提供またはエンタープライズ版に同梱されます。

KeyPoint3:継続的なバージョンアップと、セキュリティレベルの担保

詳しく見る

モジュール単位でのバージョンアップが可能

im-verup

システム共通基盤のモジュール単位でのバージョンアップが可能です。新しい技術要素を取り込みながらシステム共通基盤をブラッシュアップ。バージョンアップのコスト負担なく、お客様独自のシステム共通基盤を確立し、長期的に継続していただけます。

セキュリティレベルの共通化

im-security

個々のアプリケーションを稼働させるシステム共通基盤自体に、セキュリティ機能を埋め込み統合することで、一貫したセキュリティレベルを担保できるようになります。

KeyPoint4:高いコストパフォーマンス

詳しく見る

マルチテナント・グループ会社利用

im-group

複数のグループ会社をまたがったワークフローを導入するなど、高い業務効率化を実現することができます。

ハイブリッドクラウド対応

im-cloud

クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッド利用が可能なため、それぞれの業務に適した選択が可能です。
さらに、OpenID、SAML、Oauthなどの認証サービスと連携して、SalesforceやAmazonなどのクラウドサービスとも柔軟に接続できます。

クラウド型サービス(Accel-Mart)

im-accelmart

Accel-Martは、システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」をPaaSとして、実行基盤、開発基盤、およびアプリケーションを低コストで提供するエンタープライズ向けクラウドサービスです。

開発元・株式会社NTTデータイントラマートのウェブサイトはこちら

≫ お問い合わせ・資料請求