ERP短期構築・長期利用メソッド「Hybrid ERP」

ERP短期構築・長期利用メソッド「Hybrid ERP」

ERP短期構築・長期利用メソッド

ERP短期構築・長期利用メソッド「Hybrid ERP」

Hybrid ERP(ハイブリッド イーアールピー)は、お客様の業務に合うERPパッケージを極力ノンカスタマイズで導入し、業務に不足している機能をアプリケーション高速開発ツール「Uniface」で構築して統合する、統合型・データベース一元型ERPシステム構築手法です。

HybridERPの構成イメージ ERPをカスタマイズしてしまうと、導入時と今後の改修やバージョンアップ時にも高額なコストと時間がかかってしまう。HybridERPは、ERPパッケージを改変することなく、ERPパッケージの統合データベースに直接アクセスしてリアルタイムに連携するアドオンアプリケーションを提供する。

 

短期導入&長期利用ができる、基幹業務システム構築法

ERPパッケージのパッチ適用・バージョンアップのリスクと対応コストを抑制します。また、パッケージがカバーしていない業務までIT化を推進します。

本来、パッチ適用・バージョンアップをしていくことでERPパッケージは長期的に利用できます。それに致命的な影響を与えないように、アプリケーション高速開発ツール「Uniface」によりアドオンアプリケーションを開発し、基幹業務システムを構築します。

 

Hybrid ERPの特徴

  • 短期導入&長期利用ができるアーキテクチャ
  • データベース統合による、データの一元管理
  • 物流管理、生産管理、プロジェクト管理など、業務特化モジュールのラインナップ
  • 単純HTMLからRIA(高機能Webアプリケーション)への一括変換ツールなど、システム構築補助ツールをラインナップ

 

既存ERPの機能強化のためのアドオンアプリケーションを構築

Hybrid ERP 図解

 

ERPパッケージそのものには極力手を加えないため、バージョンアップの影響が最小限で済みます

  • 既存ERP側には極力カスタマイズしない為、パッチ適用、バージョンアップが容易
  • DB、OSに依存しない柔軟なシステム構築を実現

 

既存ERPを含むバラバラで稼働している社内システムのフロントエンドを構築

Hybrid ERP 図解2

プラットフォームに依存しない統合アプリケーションを構築できます

  • 複数システムより必要なデータを1画面に統合
  • オンプレミス、クラウドの混在も可能

 

Unifaceで構築するアドオンアプリケーションの特徴

hybriderp-plugin-image
  • マルチプラットフォーム対応(お客様の環境に応じた開発、運用が可能)
    ⇒Windows、UNIX、Linux、iSeries および IBMメインフレーム環境
  • マルチDB対応 (固有のDB、DBMSに縛られない開発、運用が可能)
    ⇒Oracle、 SQL Server および DB2等のDBシステムに対応

 

アプリケーション高速開発ツール「Uniface」について