PowerBuilder、VB6レガシーマイグレーションツール「CodeTransformer」

<東京・大阪セミナー>オープンレガシーからの脱却! ユーザー事例に学ぶ、最新モダナイゼーション事情

PowerBuilder、VB6レガシーマイグレーションツール

CodeTransformer

CodeTransformer(コードトランスフォーマー)は、既存のPowerBuilder、VB6(Visual Basic 6)のソースコードを基に、JavaベースのWebアプリケーションにレガシーマイグレーションするコンバートツールです。CodeTransformerの変換率は85%~95%と非常に高く、可読性の高いJavaコードが自動生成される為、メンテナンスビリティにも優れています。

ソースコードの解析・レポートの出力のみのサービス「CodeAnalyzer」もございます。
IBM i(AS/400・COBOL・RPG)、Notes等のレガシーマイグレーションは、「写し絵リノベーションサービス」がおすすめです。

CodeTransformerではレガシーソースコード以外の情報は必要ありません
仕様書などのドキュメントが存在しないシステムでも、マイグレーションが可能です。

codetransformer メインイメージ

CodeTransformerのプロセスでは、“Parser”によって元ソースコードを解析し、言語依存しない中間データを”Models”として出力します。その後、“Code Gen”モジュールに”Models”データを渡し、JavaベースのWebシステムへのマイグレーションを実現します。

 

CodeTransformerのメリット

短期間・低コストで確実なレガシーマイグレーションを実現

既存レガシーコードを元に大部分をツールによって解析、自動変換するため、従来のスクラッチ開発に比べて、大幅な開発期間、コストの低減が可能。 また、手作業によるビジネスロジックのロスト等もなく、確実な移行を実現。

 

アーキテクチャを変更しWeb化を実現

レガシーソースコードをJavaのソースコードに変換することにより、従来のクライアント・サーバー型のシステムによる2層アーキテクチャをWeb化による3層アーキテクチャに変更。

 

コードフリーズ期間の短縮

全体的な移行開発期間の短縮のみならず、Transformerツールのチューニング中も既存システムのメンテナンスが可能。

 

TCO削減

アプリケーションの配信、メンテナンス等をサーバー集中管理し、TCOを削減。

ソースコードの解析・レポートの出力のみのサービス「CodeAnalyzer」もございます。

 

CodeAnalyzer

CodeAnalyzer(コードアナライザー)は、PowerBuilder、VB6(Visual Basic 6)のソースコードを元に、分析・可視化レポートを提供するサービスです。
ソースコードを元にドキュメントを作成し、レガシーアプリケーションの可視化を行います。ドキュメント生成時にレガシーソースコード以外の情報を必要としないため、仕様書などのドキュメントが存在していないシステムであっても分析が可能です。

こんなお客様に最適
  • システムの保守を引き継いだが、仕様書が整備されていない。仕様を正確に把握したい。
  • システムの再構築、マイグレーションを検討している。次期システムのアーキテクチャーは検討中である。
  • システム変更に伴う影響調査をしたい。
  • 他社が構築した顧客先のシステム保守を引き受けるにあたって、システム内容を把握したい。

 

CodeAnalyzerのメリット

  • 解析レポートはツールによって自動解析し出力されるため、手作業によるロジックの見落とし等のミスが無い正確な情報を提供します。
  • 通常の開発者による手作業の解析に比べ、短期間、低コストで正確な解析結果を提供。
  • 解析にあたって、PowerBuilder、VB6(Visual Basic 6)のライセンスは不要です。ソースが理解できる技術者のアサインも不要です。

 

生成されるドキュメントのサンプル

codeanalyzer_detailed_flow
codeanalyzer_jp_flow_charts
codeanalyzer_jp_screen
IBM i(AS/400・COBOL・RPG)、Notes等のレガシーマイグレーションは、「写し絵リノベーションサービス」がおすすめです。

無料ホワイトペーパー
「プロセス系生産特有の課題を解決する方法」

生産管理システムは、組立加工系生産ラインの工場だけでなく、プロセス系生産ラインの工場にも必要なものです。

プロセス系生産ラインとは、工程を経るごとに材料の形が変わってゆく食品や素材、化学製品などの生産ラインのことを言います。プロセス系では端材を集めて前工程に投入することも多いため、在庫の把握が難しいことがしばしばあります。

プロセス系生産ラインにも対応する生産管理システム「J WALD」は、プロセス系生産ラインの複雑な生産管理において、「単位変換」「再投入」「副産物/連産品管理」「負荷状況管理」など様々な課題に対応。生産工程の見える化をサポートします。

中堅・中小のものづくり企業の皆様は、是非ご一読ください。

「プロセス系生産特有の課題を解決する方法」

プロセス系生産特有の課題を解決する方法

シナプスイノベーションの広報ブログを見る

弊社の代表および社員が、シナプスイノベーションに関することや、お客様の経営改善・意識改革のヒントになるトピックを発信しています。

広報ブログ

自社のIT活用でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください

東 京03-6863-4180
大 阪06-6343-1227
名古屋052-856-2095