西日本営業本部 A.T

西日本営業本部  A.T.

2017年 入社、西日本営業本部配属

今の仕事について

担当している仕事

あらゆる業界の製造業のお客様に向けて、お客様が抱える様々な課題を解決すべく、お客様に寄り添いながら最適なソリューションの提案をしています。
お客様の業種や製品、組織形態などにより、それぞれ抱えておられる課題が全く違うため、毎回提案を考えるのがとても大変です。しかし、同じことの繰り返しではないからこそ、私自身日々勉強することで成長できます。
それがシナプスの営業の魅力の一つであり、チャレンジでもあります。

やりがいを感じる瞬間

自分が新規でコンタクトし、約1年ほど地道に関係を築いてきたお客様が、お客様の方から困って相談してくださったときはとても嬉しかったです。
地道に関係を築いてきてよかったと思いましたし、何よりもお客様から信頼していただけているんだなと実感できました。
また、私が提案したソリューションでお客様の会社の課題が解決されたときは、とてもやりがいを感じます。

苦労していること

初めて会うお客様とは、やはりなかなか話を弾ませたり、課題を聞き出したりすることが難しいです。
ですがそういう時こそ地道に何度もお客様にお会いし、関係性を構築していくことが重要です。
また、お金の交渉は、やはり少しデリケートな部分ですので、とても仲の良いお客様とでも交渉が難しいです。
今までいい関係を頑張って築いてきたからこそ、お金の交渉などは伝え方にとても気を使います。

目指す人物像

私が目指しているのは、お客様にとって何でも相談できる、身近な存在の営業になることです。
また、自社の製品のことだけでなく、コンサル知識も身に着けることで、お客様のどんな課題にも最適なソリューションを提供できるようになりたいです。
そのために、まずはお客様と仲良くなり、お客様と会社をつなぐ役目をしっかりと果たしたいと思います。
また、今後は海外のお客様も増えていくと思いますので、国内外で活躍できるコンサルタント営業になりたいと思います。

入社当時について

シナプスを選んだ理由

私は就職活動をしていた時は、IT業界には興味はなく、また業界も絞ってはいませんでした。
当時、たまたま合同説明会で藤本の話を聞く機会があり、藤本の考え方に共感し、直観的に私と合っているなと感じたのが最初のきっかけです。
その後選考が進んでいく中で何人かの社員と会ったのですが、その中でも特に、女性が活き活きと活躍している会社だなと強く感じ、そんな女性社員に憧れを持ったのが、最終的にシナプスを選んだ理由の一つです。
入社して2年がたつ現在でもそのイメージは変わらず、弊社では綺麗で芯の通った女性がたくさん活躍しています。

また、社長との距離が近いなと感じたのも決めての一つでした。実際、この近距離で経営者と関われることはとても勉強にも、刺激にもなります。
普通は同じ規模の会社でも、社長とごはんを食べたり、お客様先を回ったり、隣に座って仕事をしたり、ということはありません。
気軽に電話も掛けますし、お願いごともできる距離に社長がいるというのが当社では当たり前になっています。
また、距離が近いことで、社長に直接褒めてもらう機会も多く、また自分の意見も直接伝えられる点が、若手にとっては特にいい環境ではないかと思います。

配属部署の決め方

私はもともと営業志望でしたが、入社当時は、営業のことだけではなく開発の知識も身に着けたいと思い、約2か月間、開発の新入社員と共にエンジニアとしての研修も受けました。
とてもチャレンジングな経験でしたが、今ではその時の知識や経験がとても役に立っています。
当社は基本的に個人の専門性、特技などを考慮しながら、基本的には個人の希望の部署へ配属されます。
ただ、配属後も社内での部署移動は可能ですので、自分の可能性を狭めずに挑戦してみるのはとてもいいことだと思います。

入社後の教育システムについて

営業を希望する社員は、入社ご1か月間、他の新入社員と研修を受けます。
開発の社員は約2か月間の研修を受け、6月に配属になります。2か月の研修では、各自がオリジナルアプリを作って社内に発表したりなどもしました。
その後、新人には先輩社員が「専属OJT」としてひとりひとりにつき、実際の仕事を通じて1から仕事を学びます。
日々の相談ごとを聞いてくれる「メンター」という先輩社員もあてられます。

入社して感じた入社前とのギャップ

個人的に、もともと「営業」という職種に対してはあまり良いイメージを持っていませんでした。
多分皆さんが想像しておられるような、「ザ・営業」というイメージを当時の私も持っていました。
しかし入社してみると、当社の営業は、お客様と関わるのは営業だけでなく、コンサルチームやSE、マーケティングなど様々な部署のスペシャリストが一つのチームとして、お客様への提案を行います。
営業で新規顧客を獲得する!という体育会系のイメージよりは、お客様のニーズや抱えている課題を抽出し、如何にそれを解決できるご提案ができるか、というコンサルのイメージの方が強いかもしれません。
ここ数年、当社がメーカーに転身したことで、よりその要素が最近は強まり、社内で部署の垣根を超えた一体感があります。
その営業スタイルが私にはとても合っているので、良い意味でのギャップでした。

社内の雰囲気

社内では先輩社員や役員、社長との距離がとても近く、風通しの良い雰囲気です。
社員同士も仲が良いのですが、かといってプライベートに踏み込むわけではなく、適度にとてもいい関係性が築けていると思います。
社内行事が多いということもあり、プロジェクトで関わりのない人にでも気軽に質問できたり、社内の休憩室で談笑したりと、日々いろんな社員とコミュニケーションをとっています。

ワークライフバランスについて

土日はとても遊んでいます(笑)
私は仕事とプライベートを完全に切り離すというよりは、仕事も人生の一部として楽しんでいますので、仕事を通じて仲良くなった人とも遊びに行ったりします。

ある1日の流れ

時間仕事内容
9:30~出社、メールチェック、一日の流れの確認など
10:00~来客
11:30~商談の打ち合わせ
12:00~昼食
13:00~客先訪問・商談
16:00~社内ミーティング
16:30~提案書作成
17:30~勉強
18:00退社

新入社員へのメッセージ

弊社にはとても様々な個性を持った社員がおり、皆それぞれの長所や個性を活かしながら働いています。
皆が違った長所を持ち寄り、チームで頑張っていける環境が整っているので、営業や開発といった部署の垣根はほとんどないです。
そういったチームで動く、ということが合う人にはとてもいい環境だと思いますし、自分の働き方を自分で見つけられる職場だと思います。
仕事現場だけではなく、一人の人として成長していける場所です。

 

インタビュー一覧へ戻る