製造業IoTパッケージ「J VIND(ジェイ バインド)」を提供

  • HOME
  • ニュース
  • 製造業IoTパッケージ「J VIND(ジェイ バインド)」を提供

生産機器のデータを”集めて”、”つなげて”、”可視化する”
製造業IoTパッケージ「J VIND」

株式会社シナプスイノベーションは、生産機器とモニタリング画面(ダッシュボード)を橋渡しするデータ連携プログラム・統合データベース・ダッシュボードテンプレートがワンセットになったワンストップソリューション「J VIND(ジェイ バインド)」を提供します。

ダッシュボードテンプレートは、設備稼働状況、製造実績、設備負荷率など、多くの企業において求められるKPIを可視化します。さらに、企業個別のカスタマイズ、ダッシュボードの追加も自由に行えます。
データ連携はメーカー・機種を問わない統一的なアクセス手段を採用しており、多様なデバイス・FA機器に対応することが可能です。

J VINDは、下記のような多くの製造業様が抱える課題を解決します。

  • 自社工場のIoT化・見える化を早急に進めたい
  • 設備のデータ取得はできているが、日次のバッチ処理で上位系システムに連携しているため、リアルタイムな設備稼働状況が見えない
  • デバイス・FA機器ごとに情報を取り出すための技術がメーカーごとに異なり、それぞれの技術者と支援ベンダーが必要

 

詳細はJ VIND製品ページをご覧ください

≫ J VIND製品ページはこちら

最新ニュースリリース

ニュースリリース一覧