Factory visit at Nichidai-ニチダイ様の工場を見学させていただいた話-

経験談・小話

My name is J. W. and I am currently interning at Synapse Innovation. I study International Business Management at the Ludwigshafen School of Business in Germany.

During my internship at Synapse, I was lucky enough to have a chance to visit factories of Nichidai corporation.

 

シナプスイノベーションでインターンシップ中のJ.W.です。
ドイツの大学で日本語やアジアのビジネスを学んでいます。

(前回のブログ)「ドイツ人留学生のインターン体験記」

インターンシップの中で私は、シナプスイノベーションのお客様であるニチダイ様に、工場見学させていただきました。

 

日本・タイに工場を持つ金型メーカー「ニチダイ」

The Nichidai Corporation, founded in 1959, specializes in three fields of business. The net-shape business which includes development and die-manufacturing of detailed metal parts, the assembly of turbocharger parts for automobiles and the development and manufacturing of mesh filters.

Nichidai has factories in Japan, Thailand.

The products made by Nichidai are used in some of the big European cars to various parts in aerospace manufacturers in Japan.

 

1959年に設立された株式会社ニチダイ様は、3つの事業分野を専門としています。ネットシェイプ事業(自動車部品を常温でプレスして成形できる量産用金型の生産)、アッセンブリ事業(自動車に使われるターボチャージャー部品の組立)、フィルタ事業(積層焼結金網フィルタの製造・販売)です。

ニチダイ様は日本、タイに工場を持っています。

同社の製品は、ヨーロッパの主要な自動車から国産ロケットなど様々な装置、製品に活用されています。

 

この小さな部品を作るのに、こんなに時間がかかるとは思っていませんでした

Nichidai’s Director was kind enough to give us an interesting overview of how the manufacturing process works and a tour of the net-shaping and filter manufacturing factories.

ニチダイ様は、まず私たちに製造プロセスの仕組みに関する説明をしてくださり、それから金型製造工場とフィルタ製造工場の見学をさせてくださいました。

 

Before we entered the factory, he showed us the metal parts that Nichidai manufactures. Seeing these small parts, I didn’t expect the process to be that complex and lengthy.

工場に入る前に、ニチダイ様はそこで製造している金型製品を見せてくれました。
これらの製品を見て、私はそれを作るプロセスが複雑で時間がかかるとは思いませんでした。

 

工場の中は思っていたよりずっと快適でした

As I had never visited a big factory before, my image of the work environment was a hot and greasy hall with tools and machines everywhere.

Once inside, I was surprised that, despite the burning summer heat, most parts of the factory had a nice temperature thanks to broad air-conditioning and the work environment looked clean and neat.

初めて工場を見学するまで、私は工場に対して、暑くて過酷な環境で機械に囲まれながら作業をしているイメージをもっていました。

しかしニチダイ様の工場の中に入ると、夏の暑さにもかかわらず、工場のほとんどの部分がエアコンのおかげでちょうどいい温度だったことにびっくりしました。作業環境はとても清潔でした。

 

巨大なプレス機器が印象的

Right at the start we got to see one of the most impressive machines of the tour. A massive press machine that is used to die-press raw materials into metal parts without any kind of cutting and without increasing the temperature of the material. Such a huge machine definitely leaves an impression.

まずは、ツアーで最も印象的だった機械を見ました。巨大なプレス機器で、原材料を切削することなく、また金属を高温にすることなく常温で、金属部品を成形できます。そういった巨大な機械がとても印象に残りました。

 

工場の中には、今までに見たこともない機械が沢山ありました

The further processing of the metal parts is very detailed and involves a variety of interesting looking machines that I had never seen before. For instance, Director showed us a machine that stood out, because of a pool of oil that a metal part was resting in. He explained it was a so called electrical discharge machine (EDM) that can cut metal parts very precisely using electrical discharges between a hair thin wire and the metal part. The pool of oil serves as an electric insulator. The processing of one part can take over a week, as the process is very thorough and must be performed slowly.

金属部品のさらなる加工は非常に複雑で、私が今までに見たことのない様々な面白い見た目の機械が使われています。例えば、加工液に満たされた容器のなかで金属部品を製造している機械に興味を惹かれました。それは、細いワイヤーと金属との間で放電を行って、金属を正確に切断する、ワイヤー放電加工機という機械でした。容器の中の加工液は絶縁体の役割をしています。このプロセスは非常に注意を払いながらゆっくりと実行しなければならないため、1つの部品の処理に1週間以上かかる場合もあるそうです。

 

When the parts are finished, they still need to pass final inspection before being shipped out to customers. A sophisticated real-time 3D scan helps the employees see the smallest of flaws and ensures the high-quality precision of Nichidai’s parts.

It is impressive how much work and how many machines are involved in crafting these parts.

部品が完成したら、顧客に出荷される前に最終検査に合格する必要があります。洗練されたリアルタイムの3次元測定器が、従業員が細かい欠陥を見つけるのに役立ち、ニチダイ様の部品の高品質を保証しています。

部品の製作にこんなにも多くの苦労があり、多くの機械が使われていることは印象的でした。

 

フィルタ事業は、環境保護にも一役買っています

Our next destination was the filter factory where a variety of filters is crafted. They can be used for several different purposes. Using them in ships to filter plankton out of the water that stabilizes the ship from the inside is just one example. This has a good impact on the environment, as the transport of plankton from one ecosystem to another by ships that travel all over the world is limited to a minimum.

次の行き先は、様々なフィルタが作られる工場でした。ニチダイ様の作るフィルタにはさまざまな用途があります。その1つとして、輸送船から荷物を下ろした際に、船のバランスをとるために荷物の代わりに入れる水から、プランクトン等を濾過することがあります。これによってニチダイ様のフィルタは環境にも良い影響をあたえています。世界中を行き来する船舶があるところから別の場所にプランクトンを運ぶことによる環境破壊を防ぐ、重要な役割を果たしているのです。

 

There is even a little contest between employees about who can create the best filter. He also showed us standard filters that mark the minimum quality a filter needs to have, and that are displayed for employees to compare their work to.

従業員の中で、フィルタの金属部分の溶接技術を競うコンテストもあります。また、従業員が自分の作ったものの品質を確認するために使う標準フィルタも見せていただきました。これはニチダイ様のフィルタが最低限持つべき品質を表したモデルです。

 

IoTに対応する生産管理の仕組みが必要だと実感しました

Visiting Nichidai’s factory and seeing all those interesting machines with their individual operating systems makes it easy to see why IoT applications are so important for any kind of manufacturer. They can drastically reduce time and errors and thus save a lot of money.

It was a valuable experience seeing the reality of where Synapse’s solutions are being applied.

ニチダイ様の工場で色々なオペレーティングシステムを使っている機械を見ました。そしてそれを見たことで、IoTに対応する生産管理の仕組みがメーカーに絶対に必要であると実感しました。そのソリューションは大幅に時間とエラーを減らすことに役立ち、したがってメーカーは多くのお金を節約できます。

シナプスのソリューションがどういう形で役立つのか理解が深まり、貴重な経験となりました。

 

日本の安全対策は、潜在的な危険にも目を向けていました

After what I’ve seen at the factory, I am impressed by Japanese safety measures. Japanese manufacturers are obliged to not only report actual accidents but also incidents that could have ended in an accident or other kinds of potential hazards that employees recognize. They display them openly for employees to see and thus to prevent future accidents. I even saw a little drawing that explained the incident on one of them.

また工場で伺ったお話の中で、日本の安全対策に感心しました。日本のメーカーは、実際に起きた事故を報告するだけでなく、潜在的な危険のある出来事を記録することも義務付けられています。将来の事故を防ぐために、それらを皆が見えるように表示します。安全を意識するためのとても有効な方法だなと思います。

 

野球チームと会社を成功に導く、コミュニケーションの力

Nichidai has a very strong Baseball team. Hearing him speak about baseball, I realized that commitment and discipline, as well as a good relationship and communication with your team members are important to be successful both at baseball and at work. The team spirit that brought them far in Baseball is clearly visible in the work environment as well.

ニチダイ様には強い野球チームがあり、そのお話も伺いました。それを聞いて、野球と仕事の両方で成功するために、責任をもった行動や訓練、そしてチームのメンバーとの良好な関係やコミュニケーションが重要であることが分かりました。野球で勝つための精神は、仕事においても明確に見えます。

 

It was also apparent that Nichidai has a lot of young employees who looked engaged in their work and very happy at their work place.

In both factories employees would always greet us with a smile and were happy to let us watch them perform their challenging work that requires a strong focus and steady hands.

また、ニチダイ様には若い従業員が多く、皆は楽しんで仕事をしているような印象でした。

2つの工場で、従業員の方はいつも笑顔で私たちを迎えてくださいました。彼らは私たちに、端正な技と集中力を必要とする挑戦的な仕事をこころよく見せてくれました。

 

As this was my first time visiting a factory of that size in Japan, there were quite a few interesting things that I learnt about the manufacturing process and general safety measures in Japan.

I want to thank Nichidai for this opportunity and for being great hosts.

初めて日本の工場を訪れたので、一般的な製造プロセスや日本の安全対策について知り、とても興味深かったです。

私はこの機会に、私たちを受け入れて丁寧に対応してくださったニチダイ様に感謝したいと思います。

ほぼ毎週月曜配信
シナプスイノベーションの
好転メルマガ

広報ブログの更新情報、製造業向けセミナー・イベントのご案内等、ほぼ毎週月曜日に配信しています。
配信登録に必要なのはメールアドレスのみ。お気軽にご登録ください。

メルマガ配信登録する

関連記事一覧