【改善コンサルタントのKANSINノート】~シナプス社員ブログ~
宝塚歌劇をこよなく愛すコンサルタントが、日々の仕事や暮らしの中で関心を持ったこと、感心したこと、歓心を得た事を綴ります。

おはようございます。
シナプスイノベーションの中里です。

 

先日、テレビの旅番組で、イギリス・ロンドンの旅を見ました。
私も以前、イギリスに行ったことがあります。
見ているうちにその旅の、走りながら必死で考えた夜の想い出がよみがえってきました。
今回はそのお話です。

 

 

イギリスは、小学生のころから好きだったビートルズの国です。
ずっとあこがれていて、いつかは行きたいと思い続けていましたが、距離も遠いのでなかなか実現せずにいました。

ところが数年前、あるプロジェクトの完了にともなって、久々にまとまった休みを取ることができるかも、ということになりました。
ゴールデンウィークと有休を組み合わせて、10日ほども休めそうです。
そこで、ふと思いたち、イギリスのリバプールとロンドンに行くことにしました。

 

でも、今はもうゴールデンウィークの2日前。
飛行機や宿、今から申し込むなんて無理なんじゃないの? と、妻。
妻は仕事があり、同じように休むことはできません。
もし行けるものなら、行ってもいいよ。
と、ひとりで行くことを了承してくれました。

 

ネットでさがしてみると、イギリス行きの飛行機、空席ありました。
ホテルも、リバプールとウィンブルドンで、見つかりました。
時間がもったいないので、着いたその日にロンドンからリバプールまで行くことにしました。
飛行機、列車の時刻表を調べて、ホテルや行きたいところの地図も準備しました。

 

飛行機の時間を考えると、リバプール行きの列車は最終便になります。
ヒースローへの到着時刻から、列車の出発時刻までは2時間半ほど。
ネットで調べると、入国審査はかかっても1時間くらいらしいので、十分だろうと思い、飛行機と列車と宿を予約しました。

 

そしていよいよ当日。朝7時、家を出発。飛行機に乗り、20分遅れでヒースロー空港到着。
現地時刻は18:50。リバプール行きの最終列車は20:42発。あと1時間52分。
列車の出発するキングスクロス駅までは、問題なければ1時間ほど。
時間が余れば駅の近くを散歩してもいいかなと、着陸寸前まで考えていました。

 

ところがイミグレーションに進んでいくと、すごいヒト。ごったがえしている感じ。
どこが列の最後尾かわからないくらい。
いったい、どれくらいかかるのだろう? 1時間ですむのかな?

列に並んでいる間に、だんだん焦ってきました……まだかな、まだかな……。

 

19:58、やっとイミグレーションを通過。最終列車まであと44分。
あせって、走って、ロンドン行きのヒースローエキスプレス。20:25、あと17分。
パディントン駅につくのが20:40、あと2分。
これではもう、キングスクロス駅を20:42に出る最終列車に間に合いません。

どうする? ロンドンでホテルを探す? ヒースローに戻って夜を過ごす?
どうする? どうする? もうすぐ、パディントン駅に着く。

 

そうだ! 時刻表を思い出した。
リバプール行きの列車はキングスクロス発で、次の駅はユーストン駅。21:07発。
あと、30分。パディントンからユーストンまでタクシーで行けば間に合う。

 

20:40、パディントン駅到着。あと27分。
すぐにタクシー乗り場へ。よかった、並んでない。

タクシーに飛び乗り、ユーストン駅へ向かう。
信号で止まるたびにイライラ・ハラハラ、ずっと時計を見ていると、ドライバー、なんかバックミラーでこっちをちらちら。変な東洋人と思っているのだろう。
イギリスの列車は時間通りには運行していないらしい。どうか遅れていますように……。

 

21:05、ユーストン駅。後、120秒。
ドライバーが“Good Luck”と言ってくれました。
お釣りももらわずにチケット窓口へ、後30秒……。

窓口の女性がニッコリして“5分遅れてます”、は~、よかった。
いつもなら、列車が遅れたら、なんでって思うのに……。

チケットをもらって、列車に乗り込みます。
何時間も何も食べてない。リバプールまで2時間半以上あるのに。

 

席についてほっとしていると、車掌さんがきたので、チケットを見せる。
“席が違います” え~! 番号を確認してもあっている。なぜ? 列車間違えた? まさか。

 

車掌さん、“ここはファーストクラスではないですよ”……え?
チケットをよく見てみると、“1ST”と。予約したのは普通車。
窓口の女性が、グレードアップしてくれていたのです。
あの時確認していたら、ちゃんとお礼を言えたのに。焦ってたから……。

 

ファーストクラスに移動。
するとミール付きで、ビールとサンドイッチを食べることができました。

 

23:45、リバプール・ライムストリート駅着。タクシーでホテルに。
24:00、ホテル着。

 

家を出てから25時間、やっとやっと着きました。あこがれのリバプール。

 

・・・

 

英語は得意ではありませんが、必死の状態だとなんとかコミュニケーションできるものですね。
何をどうしゃべっていたのか自分でもあまり思い出せません。

思いつきで決めた旅でしたが、事前に時刻表や地図などを読み込んでいたので、大変な状況でも、次どうする? 次どうする? と考え続けられました。
一度走り出したらあとは走りながら必死に考えるしかないこと、考えるためには入念な準備がいることを実感した出来事です。
考え続けたから、最後には、ご褒美のようにファーストクラスに乗り、ビールを飲むことができました。

あきらめないでよかった。

 

明日は、朝からあこがれのリバプール巡り……。

製造業向けソリューション「J WALD」

製造業向けソリューション「J WALD(ジェイ バルト)」は、生産管理、原価管理、販売購買管理機能を有しています。ひとつのシステム環境上で、多種多様な品目、ライン、工場、グループ会社の生産管理などが可能です。プロセス系・組立系を問わずあらゆる生産形態にフィットします。

詳しく知る
中里 真仁(なかざと まさひと)
この記事を書いた人

中里 真仁(なかざと まさひと)

宝塚歌劇をこよなく愛する生産管理&経営管理コンサルタント。
神戸生まれの神戸育ち。海を眺め、山へ登ることが好き。
関心あること、感心したこと、歓心を得た事を綴ります。

関連記事一覧