IT業界というこまった業界(前編)

Marketings & Systems, 経験談・小話

マーケティング室の長井です。

「IT業界ってどんな業界だと思う?」

最近、人事部の採用活動のヘルプをすることがあり、
学生たちに上記の問いかけをしてみました。

するとたいがいこんな返事が返ってきます。

・3K(暗い、きつい、帰れない)
・パソコンを使ってなにかしてる。なにをしてるかはよくわからない。
・あんまり興味ない

……なんと、ビル・ゲイツもびっくりのマイナスイメージです。

採用活動は大ピンチです。

まぁ、私も学生のときはぶっちゃけIT業界ってそんなイメージでしたが。

 

それはさておき、彼らをなんとかこちら(IT業界)に振り向かせなくてはなりません。
(他部署をヘルプするときも手を抜かない、それが長井クオリティ。)

そんなとき、私はまず学生たちにこんな話をします。

「なるほど。IT業界というのは、たしかにかたちのないものをつくるぼんやりとした仕事で、よくわかんないよね。

でも、実は世の中で大切なものって、実は、目に見えるものより、むしろ目に見えないものだと僕は思います。
ほら、「モノより思い出」とかよく言うじゃないですか。

で、IT業界の仕事は、たとえば、はたらく人がはたらきやすくなるような仕組みをつくったり、お客様のお仕事のムダを見きわめて取り除くようなことです。

ITって、そのための道具に過ぎないんですよ。

で、それを使って、お客さんの「仕事の効率」とか、「職場の雰囲気」とか“かたちのないもの”を良くしていく仕事は、実はとてもやりがいがあるんですよ」

すると、わりと学生たちは、ふんふんなるほど、と聞いてくれます。

 

「でもたしかに、IT業界には暗い面もあります」

話には続きがあります。

「安売り競争にまきこまれたり、業界の常識にとらわれて実は“他業界では非常識”なことをしていることもあります。
業界の悪しき常識の最たるものは、たとえば……」

・・・

長くなってしまうので、続きは次回書かせていただきます。

※後編はこちら

生産管理、原価管理でお悩みですか?
貴社の課題、私たちに相談してください。

私たちは、製造業のためのソフトウェア開発会社、シナプスイノベーションです。
基幹システムの導入から、生産・物流等の見える化・自動化までワンストップで提案します。
経営層から現場層まで情報を一気通貫につなげられることが強みです。

シナプスイノベーションを知る
この記事を書いた人

長井 建(ナガイ タケル)

株式会社シナプスイノベーションのマーケティング担当。毎朝、嫁に寝ぐせを直してもらっている。
座右の銘は「仕事は遊び、遊びは仕事」。奈良の前方後円墳のふもとで育った。

関連記事一覧